本筬通し

東京に戻っていたので久しぶりの宮古での作業、本オサ通しです。朝一番に清々しくお掃除したあと、道に生えていたお花を拝借して生けました(^^)

さてさて作業は、、、
細い竹のクシのようなものがオサ。竹の隙間に2本セットにして糸を通しています。縦に見えるたくさんの糸がソウコウ。真ん中の緑の部分が輪になっている構造で、そこに1本ずつ糸が通っています。ソウコウは前後2枚に重なっていて、奥、手前と交互に1本ずつ通してあり(ソウコウ通し)織るときに経糸を上下に分け、その間に横糸を通す為の大事な役目。奥と手前の糸を2本セットにして、ひとつの竹の隙間に入れていきます。
なかなか文章では伝わりにくいですね💦ぜひ見に来てください(^^)

あ、東京では紅型の型紙彫ってましたよ!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。